蜂の駆除と予防|業者に任せればハクビシン駆除は徹底的にできる

業者に任せればハクビシン駆除は徹底的にできる

蜂の駆除と予防

ハチの巣

自治体に相談する

蜂は手当たり次第に刺しに来るわけではないため、蜂の姿を見かけたからといって過剰に恐れる必要はありません。蜂が攻撃モードに入る時には、いきなり刺しに来ずに、周りを飛び回り、カチカチといった音がします。この場合は危険が迫っているため、その場で退治をしようと考えずにゆっくりとその場を離れるようにしてください。ほとんどの場合、不用意に蜂の巣に近づいていることが原因です。蜂の巣が自宅にある場合には、所有者の責任で退治をしなければいけません。自宅を所有している場合は自分で駆除業者に依頼、貸家の場合は大家さんに相談します。公共施設は自治体によって退治することになりますが、悩んだ場合は自治体に相談することによって助言を受けることができます。

春先の見回りが大切

住宅街で蜂の巣は軒下や庭の木、天井裏などに作られますが、予想がつかないところに蜂の巣を作られてしまうことがあります。蜂の巣が大型化してしまうと蜂の個体数が多くなり、危険度があがってしまうので、早めの退治が大切です。人に被害を与えるスズメバチやアシナガバチは女王蜂以外は冬を越すことができません。冬眠から覚めた女王蜂は春になって暖かくなると理想的な場所を狙って巣作りを行います。春の間は蜂も攻撃性が低く、個体数も少ないため、退治するのに危険性は大きくありません。そのため、春から夏の間は自宅内の蜂の巣が作られやすい場所に目星をつけて見回るようにして早期発見を心がけて下さい。春先に女王蜂がふらふらと飛び回っているときは巣作りする場所を探しているので、特に注意して下さい。

Copyright © 2017 業者に任せればハクビシン駆除は徹底的にできる All Rights Reserved.